Concept
コンセプト
Concept

キャッシュが大きく残る優良物件を配信

WEB上や仲介会社から持ち込まれた物件情報を基に独自のデータ解析を行い、キャッシュが大きく残る優良物件情報のみを会員のお客様に情報配信しています。物件選別から意思決定までの工程において、お客様の時間と労力を費やす必要が無いため素早い投資判断が可能です。

明確な判断基準による物件選別

投資を行う際には、一番初めに買っていい物件と買ってはいけない物件の判断基準を明確にすることが重要です。この判断をお客様ご自身でのすべて行う場合には高度な知識や情報収集能力、経験などが必要となり候補選別までに多くの時間やコストを必要とします。会員のお客様に提供している物件情報は、キャッシュフローや物件の空室率、返済比率など様々な指標から、独自の明確な投資基準を設けて選別された優良物件情報のみを配信しています。投資対象として合格ラインに満たした物件のみを配信しておりますので、お客様が情報を受け取った時点で良質な候補の中から投資判断をしていただけます。

物件ごとにキャッシュフローを可視化

他の情報提供サービスの中には物件概要と利回りなど少ない情報での案内が多く見られますが、限られた情報だけでは投資判断時に見えてこないリスクが潜んでいる場合もあります。お客様に提供する物件情報は概要や築年数、立地条件などの単純な情報だけではなく、物件ごとに満室時や空室率ごとに弾きだされるキャッシュフローを細かくデータ化し、自己資金の回収率や金利変動などを考慮した解析データなども併せて配信しています。お客様の投資キャッシュフローを最大化するためにキャッシュフロー自体を可視化することが重要であると考え、様々な指標を多角的に分析したベンチマークで投資対象物件の選別を行っています。

買い手目線データに落とし込んだ情報配信

一般的な物件情報や概要書は、物件の売り手側が作成した情報となりますので買い手側のお客様が必要とする判断材料が見当たらない場合もあります。また、足らない情報をお客様が自身で補完するには情報収集や分析などの工程を要するため投資判断までの時間とコストが膨れてしまいます。会員のお客様に配信している物件候補はWEB上や仲介会社から寄せられた物件情報を基に、独自に作成した買い手側目線から見た様々な指標やデータを組み合わせて選別したのちにラインナップしているため、お客様の意思決定プロセスを短縮化した機会を逃さない投資判断を可能としています。

お客様ご自身が不動産投資の対象物件の情報収集を行われた場合、多くの場合が売り手側の用意した物件情報や概要書となります。売り手側の情報だけの場合、実際に投資を検討している買い手側が判断材料としたい情報が欠けていることが多く投資判断をする過程でさらなる情報収集や売り手側にそれぞれ相談や問い合わせをする必要があります。会員のお客様向けに配信している物件情報は、お客様の収集が難しい買い手側の目線から見た指標やデータを独自の判断基準で算出し、投資対象のキャッシュフローを可視化した質の高い物件情報を提供しています。